医療レーザー脱毛、ライトシェアデュエットでホクロも改善?

医療脱毛ライトシェアデュエットの特徴

現在、広く知られている脱毛方法に医療レーザー脱毛、そして光脱毛があります。より高い効果が得られるとされる医療レーザーですが、こちらは医療系のクリニックではないと使用できません。

取り扱いには医師免許が必要だからです。光脱毛がエステティックサロンなどで行われていることを考えると、やはり医療脱毛はそれだけ効果が高く、なおかつある程度の専門知識が必要だということがわかります。

いま医療脱毛クリニックで広く使われているレーザー機器には2種類あります。それがライトシェアデュエットアレキサンドライトレーザーです。

両方にそれぞれ特徴があり、クリニックによっては両方揃えて、用途によって使い分けています。

主にライトシェアデュエットの優れている点としては、アレキサンドライトレーザーが苦手とされる、産毛や細い毛にも対応できる点です。

全身の毛のなかでも細い毛や産毛は脱毛効果が得づらい毛として知られていますが、ライトシャアデュエットなら、効果的な脱毛ができます。

ホクロなど肌の気になる部分には効き目があるの?

ただし、ライトシェアデュエットもアレキサンドライトレーザーとともに、照射できない、また効き目が期待できない部分があります。それは、ホクロやシミなど色素が濃くなっている部分です。

また、レーザーを照射することで肌が乾燥してしまいます。とくに肌が乾燥しているときはレーザー照射は控えたほうがいいでしょう。

光脱毛などは肌の乾燥やダメージを防ぐために、照射の前に肌表面に乾燥防止のためにジェルを塗るところが多いです。レーザー脱毛の場合ほぼそのプロセスがないので、便利で快適、時短にはなりますが、肌の乾燥に気をつけたいところです。