てんかんの人ってエピレで脱毛できる?|アトピーでも永久脱毛できる?できない?

てんかんの人が脱毛ケアを受けられない理由

てんかんの持病がある人は、脱毛サロンで施術できないとよく言われます。

てんかんは脳の病気に一種です。光や熱などに刺激に体が敏感になるため、そういった外部からの刺激を受けるとひきつけやけいれん、体が突っ張るなどの発作が起こる場合があります。

エピレなどの人気の脱毛サロンでは、毛の黒色に反応する光を使ったケアを採用しているので、当然体に光と光により発せられる熱が当たります。そうなると、施術中に発作が起こってしまう可能性も高くなります。

熱や光の他にも、匂いや味など味覚や嗅覚が刺激されて発作が起こる人もいます。発作自体も軽いものから、脳に大きな影響を与える重いものまで人によって様々です。

もしサロンで発作が起きた場合、軽いものならそのまま安静にしていればおさまりますが、重度になると最悪命に関わる場合もあります。

施術中にトラブルが起きて、お客さんの命に関わることになってはサロン側も責任問題になってしまいます。そのためエピレを含むほとんどの脱毛サロンでは、てんかんの持病があって現在治療中の人や、過去に重度の発作が起きた人はケアできないとしています。

てんかんの人は脱毛できないの?

てんかんの人でも、美容クリニックなどの医療機関で医師が施術を行うので施術してもらえる所もあります。

ただ、薬を服用中であったり難治性てんかんという重篤な病気の場合などは、美容クリニックでも施術が難しいとされています。

過去にてんかんの発作が起きていても、症状が安定していてここしばらくは何も発作が出ていない場合などは、主治医からの許可が出れば少しずつ施術を行っていくことができる場合もあります。

その場合も、光脱毛ではなく光を使わない医療用レーザーでの施術を行う美容クリニックのほうが安心です。